アイワベネフィット

HOME > お知らせ > 計測チーム紹介!

計測チーム紹介!

2020-07-03

組立計測班の宇都宮です。

今回は計測チームの紹介をしたいと思います。

計測班の業務は、主に船殻ブロック施工の精度管理になります。

精度管理は、設計図通りに施工を進めるための計測作業やマーキングを行います。

計測作業を実施する目的は、品質の向上と工程の短縮です。

製造過程の誤差を極力少なくすることで品質の高い製品ができます。

そして、誤差が少なければ、後工程での作業量が減り、工程の短縮が出来ます。

 

 

大きな箱に入った計測器と三脚を計測作業を実施する場所まで運びます。

計測作業が多い日は計測器具一式を背負って、1日10,000歩以上歩くこともあります。

計測機器を運ぶ計測班の姿を見たことある方は多いのではないでしょうか。(^^)

 

 

組立計測では、「ブロック」と呼ばれる部品を単体ごとに計測をして精度管理を行い、安定した高精度ブロックを製作しています。

ブロックの施工は、正しい位置方向で製作されるわけではありません。三次元計測機を用いて、正しい位置関係に変換することで、誤差の測定が可能になります。

 

 

外業計測では、「搭載」と呼ばれる組立で造られたブロックを繋ぎ合せていく工程で、計測を実施します。

計測するものが大きくなるため、計測時の誤差がでないよう、細心の注意が必要です。

また、組立時の計測データを元にシミュレーションを行い、施工の短縮を図ります。

 

 

計測班の作業の流れは、まず初めに施工方法に応じた測量計画を立てます。

次に、計画に沿って現場の計測作業で必要なデータや計測表を作成します。

そして、計測作業を行い製作時の誤差を修正しながら施工を進めます。

最後に、施工が完了した船体を計測し、解析作業を行い完了です。

 

 

今回、ご紹介した内容は計測作業の一部ですが、計測技術はこれからの造船現場には欠かせない技術です。

計測チームは、「更なる高精度ものづくりへの挑戦」を使命とし、これからも”ONE TEAM”で取り組んでまいります!(^^)/

有限会社アイワベネフィット

〒794-0821 愛媛県今治市立花町2丁目2番10号 TEL(0898)34-5770 FAX(0898)34-5780

Copyright aiwabenefit. All Rights Reserved.